▲55歩まで

昨日はプレジールで四面指し
(上写真)mixさんとの四枚落ち
以下、△64金▲35銀△同銀▲同角△34歩▲53角成△同玉▲54銀△同金▲同歩△同玉で(下写真)へ

△54同玉まで

(上写真)流れるような手順で上手玉を裸にして後はどう寄せるか
以下、▲55歩△53玉▲54銀△42玉▲44歩△同歩▲同飛△41玉と基本通り玉を下段に落として素晴らしい手順でした。最後は惜しくも決め手を逃してしまいましたが、あと少しなので頑張っていただきたいと思っています。

▲74銀まで

本日の対面レッスンはガチンコ五枚落ち
将棋大観の五枚落ちのページを開いてみると、本局の出だしと同一の局面図が載っていました。
下手は定跡を知らずに指しているので、そのセンスの良さが光ります。
(上写真)ここで上手は△75金!
以下、▲同角△74金▲48角△85歩▲76飛△75歩▲同角△同金▲同飛△84角で(下写真)へ

△84角まで

(上写真)下手はここまで特に悪い手もなくよく指せていますが、
ここは重要な局面でした。
実戦は▲76歩。受けにも自信があるからこその一手でしたが、
飛車を取られては下手難局です。
ここは▲71飛成△39角成▲21竜と進めます。
△57銀とからまれるのが嫌に映りますが、詰めろは続かないので下手勝ち。
△32銀の受けには▲35桂△33玉▲22金で決まります。
(上写真)の局面でこれらのことを考えて(読んで)指せれば充分有段者です。
下手のkazuくんはその下地となる棋力を兼ね備えているので、楽しみです。
棋譜コーナーにupしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA